What's植物工場

植物工場とは

作物の生育に重要な光、温度、培養液等を統合的に制御し、そのデーターを積み重ねて、長期にわたって、適切な環境制御により安定生産を図り、4定と呼ばれる「定時」「定量」「定質」「定価格」を重視した経営が可能な栽培システムと考えられます。  

すなわち、季節や天候に左右されず、計画的かつ安定的に生産できる栽培システムを植物工場と言います。

植物工場の種類

三菱ケミカルアグリドリーム(株)の植物工場は、大別すると次の2つに分けられます。

1.太陽光利用型植物工場

 温室等において、太陽光の利用を基本とし、季節や天候、生育ステージにより人工光を活用し、夏季の高温抑制技術等を用いて、培養液の制御が可能な水耕栽培等により、周年・計画生産を行なう栽培システム

◆ナッパーランド 葉菜類用養液栽培システム生産工程・コストを見直し、安定経営を実現する養液栽培

  詳細 ➡ 

◆トマトリーナ 果菜用養液栽培システム1段密植栽培により栽培がシンプルで簡単、しかも多収

  詳細 ➡ 

2.完全人工光型植物工場

 閉鎖環境において、太陽光を用いずに、人工光、空調設備、培養液の制御が可能な水耕栽培等により、より計画的な周年生産を行なう栽培システム

◆苗テラス 人工光閉鎖型苗生産システム種苗生産者もベテラン農家も注目する健苗作り

  詳細 ➡