栃木県 花卉生産者 室田憲一さん

栃木県 花卉生産者
室田憲一さん

 

 平成4年に家業のトマト栽培を両親に託し、全くの新人ながら自らはトルコギキョウに転進をはかり、22年 の間にこの道の最高栄誉である農林水産大臣賞を実に3回も受賞したひとがいる。栃木県足利市に住む若手バリバの室田憲一さんである。 同氏はJA足利花き部会副部会長もしている。
室田さんは、栃木県の農業大学校を卒えると単身ドイツに渡り、主として花つくりと経営について研修した。
施設に使用されているフィルムは、ハウス全面積が45アールあるうち30アールは三菱ケミカルアグリドリーム(取材当時:三菱樹脂アグリドリーム)の「タイキュート007」を屋根の全面に 展張している。このフィルムは新しい配合技術と表面処理技術の組合わせで製造されたもので、10年展張可能な強度を持ったもので、透明度が抜群 によいことと、太陽光もしっかり透すとあって、とくに花の栽培者の間で人気が高い。
室田さんが栽培する花は花数が多く、圧倒的なボリューム感があり、葉の大きさ、揃い、色、つやが素晴らしいといわれており、これからもトルコギキョウの第一人者として伸びる人と評価されている。