神奈川県 イチゴ生産者 澤地 正さん

神奈川県 イチゴ生産者
澤地 正さん

 

 東京農業大学卒業と同時に自営の農業に就農。父正典さんについていちご作りを学ぶ。
45㌃のハウスのうち3連棟15㌃に三菱ケミカルアグリドリーム(取材当時:三菱樹脂アグリドリーム)の耐久無滴POフィルム「ダイヤスター」を展張、 また、カーテンは今年が張り替えの年にあたっていたので、同社の高機能内張りカーテン「快適空乾」を採用した。 フイルムからのボタ落ちが少なく、ハウス内は適度な乾燥状態を保つため人間にも、また、いちごにとっても快適 だという。
澤地さんのところは早いものは10月24日に収穫が始まっており、クリスマス頃にはほとんど一番果のピークに なっている。
いま澤地家は二重の喜びにひたっている。一つは2013年の神奈川県いちご連主催の共進会で2位となり、栄え の県知事賞を獲得したこと、もう一つは正さんが2月に結婚することが決まったこと。新婦は東京農業大学の同級 生で才媛である。